バスケやバレーをすると身長が伸びるっていうじゃないですか?

本当のところ、あれ本当なの?ってことを今日は紹介します。

 

専門医の間でも意見が分かれている。

 

 

実はバスケで身長が伸びるって昔から言うのですが、専門家の間でも意見が真っ二つに分かれているんです。

 

つまり身長伸びる派、伸びない派です。

 

まずは身長伸びる派の意見を紹介。

 

身長が伸びると考えている専門医は、バスケで繰り返すジャンプに秘密があると言っています。

 

つまり、ジャンプを繰り返すことで、骨と骨の間にある軟骨に圧力が掛かり、その周辺の細胞に刺激が伝わり活性化する、って考えているみたいです。

 

なので似たようなスポーツで、バレーボールも同じような効果があるって言われています。

あとは、鉄棒などのぶら下がり運動も、軟骨部分に圧力が掛かって、同じ効果が得られるって考えてるみたいです。

 

逆にバスケじゃ身長伸びない派の意見を紹介。

 

バスケやバレーボールの特定のスポーツをしても、医学的根拠が無いので、身長が伸びるとは言えないらしいです。

 

でも、バスケやバレーをしている子供には、身長が高い子供が大勢いるじゃないですか?

って質問があっても、たまたまそういった子供たちが集まっているだけ、という回答。

 

確かに運動をすることで、成長ホルモンが分泌され身長や体格が大きくなることは、医学的にも立証されているみたです。

ですが、特定のスポーツで身長が伸びるなんてことはあり得ないみたいです。

 

なので身長の伸びと運動の関係は、実は誰にも分かっていないのが真実。

だけど、バスケやバレーで、身長が高い子供も大勢いるのも事実。

 

なので、本当のところはどうなのかは、自分で判断するしかないですよ。

 

筋トレが身長の伸びを悪くするのも・・・。

 

 

運動と言えば、切っても切れない関係なのが筋トレ。

実は一説によると、筋トレをすることも身長の伸びを悪くするって考えられています。

 

ですが、これも実は医学的根拠がまるでありません。

バスケやバレーと身長の伸びは関係ない!っていう事と同じように、筋トレしたからといって、身長の伸びが止まったりすることはないみたいですよ。

 

ただ、運動のし過ぎでクタクタに疲労することは体に悪いので、成長ホルモンの分泌も悪くなるって考えられています。

 

なのでこの点だけは注意が必要です。

バレーやバスケのスポーツを考えている人は、ぜひ参考にしてください。