背が伸びると言う事は、骨が伸びているということです。

だからと言って、人間の骨すべてが身長に関係あるわけじゃありません。

 

実は身長に関係する骨は決まっています。

 

それが、太もも、足、そして背骨です。

ココの骨が伸びることで、身長がドンドン伸びていきます。

 

骨が伸びる理由は骨端線(こつたんせん)にあり。

 

骨端線って読んで字のごとく、骨の端にある線で、この線の部分は、柔らかい軟骨で出来ています。

 

この周りの骨の細胞が壊れたり、再生したりすることで、身長が伸びているんです。

 

まず下の写真をご覧ください。

矢印の部分が骨端線です。

 

 

成長期の子供の場合、この骨端線の周囲の骨の細胞は新しく生まれる変わります。

しかも、もの凄い勢いで細胞が再生していきますので、グイグイ身長が伸びます。

 

例えばこんな事聞いたことありませんか!?

子供が病院でレントゲンを撮った時、医師がレントゲンを見ながら、「まだまだ背が伸びますね。」って。

 

これって骨端線が確認できてるんです。

だから、医師はそんな事をいうわけで、別にいい加減なことを言っているわけではないんですよ。

 

逆に大人の骨をレントゲンで取ってみて、骨端線が消えています。

これは成長期が終わり、柔らかい軟骨だった骨端線が硬くなってしまったからです。

 

だからそれ以上は身長が伸びないのです。

 

骨端線の軟骨部分を長く柔らかくしておく為に必要な栄養素。

 

1日でも長く、骨端線の軟骨部分を柔らかくしておけば、それだけ子供の身長が伸びるチャンスがあります。

では、その軟骨部分に必要な栄養素ってなんでしょうか!?

 

実はそれが、コラーゲンの原料とも言われるたんぱく質、鉄、そしてビタミンCです。

どの栄養素もとても大切ですが、特に鉄分はこの軟骨を作る上でとても重要な役割を持っています。

 

成長期の子供は鉄分が不足すると、貧血、立ち眩みを起こしやすくなります。

しかも、鉄分は血液を作る原料にもなっているので、身長を伸ばす骨端部分の軟骨にはなかなか行き渡りません。

 

当然、栄養素が足りない軟骨部分は、早く硬くなり骨の伸びも止まり、身長もそれ以上伸びなくなります。

 

なので、食事の中で鉄分をしっかり取ることが重要です。

 

鉄分を多く含んでいる食べ物って何!?

 

 

豚肉、鶏肉のレバー、パセリ、はまぐり、卵黄、青のり、ひじき、油揚げなどなど、鉄分が含まれている食べ物は多いです。

 

ですが、鉄分を多く含む食品は、子供が食べたがらないような食品に多く含まれています。

なので、成長期の女の子に多い貧血は、体質もありますが、完全に鉄分が不足しているのです。

 

なので貧血で倒れてしまうのです。

そうなると、身長を伸ばす前に、貧血対策をしないといけなくなります。

 

そうならない為にも、食品で十分摂れない栄養は、サプリメントで補給するのがベスト!

子供の身長を伸ばす時期は、本当に限られているので、しっかり栄養補給をしてあげてください。

 

十分な栄養と睡眠、適度な運動、そして安定した子供の情緒の4つが揃って、子供の身長は伸びてきます。

 

特に食事では十分な量を摂ることが難しい、鉄分、ビタミンD、アルギニンはぜひサプリで補給してください。

オススメはアスミールと呼ばれる、牛乳で溶かして飲むタイプのサプリです。

 

子供の成長に必要な1日分の栄養の80%/を、このアスミールで補うことができます。

なので、子供の身長や体格を大きくしてあげたい親御さんは、ぜひお試しください。

 

関連記事アスミールは何歳から飲める?背が伸びる子供たちが続出するその訳は!?

 

子供が大きくなる時期は、小学生高学年~高校2年までと言われています。

個人差があるので、少しは前後するものの、体が大きくなるゴールデンタイムはこの時期だけです。

 

この時期を逃すと、あとはほとんど骨が伸びません。

子供の為にはしっかり親がサポートしてあげてくださいね。