成長期の子供の身長を伸ばすには、栄養バランスが摂れた食事は必須!

 

特に栄養が偏ると成長ホルモン分泌のバランスが崩れるので、食事での栄養摂取をメインに、不足しがちなものはサプリメントで補う工夫をしましょう。

炭水化物、タンパク質、脂質、ミネラル、ビタミン。

 

 

炭水化物:体内に入ると糖分になり、体を動かすエネルギーになります。

タンパク質:体内でアミノ酸になり、筋肉、内蔵、髪、皮膚などの成分に変化します。

脂質:体内で脂肪酸に変化して、体を動かすエネルギーに変化します。

ビタミン、ミネラル:体の機能や組織を助ける働きをします。

 

これらの成分は5大栄養素と呼ばれていて、バランスの摂れた食事とは、これらの栄養分をバランス良く摂取することです。

 

子供の食事では、この5大栄養素を特に意識して、食事を準備することがとても大切。

 

身長を伸ばす為の食事の基本はコレ!

 

 

主食は米、パン、たまに麺です。

これに肉、魚、卵類のおかず。

そして、野菜、果物、乳製品。

 

これが食事の基本です。

子供の成長期には、特に栄養バランスが摂れた食事が大切。

 

なので、親がしっかり食事の基本を覚えて、日々の食事を準備してあげてください。

 

【身長を伸ばす為の食べ物】

 

骨を作るのは、小魚、乳製品、海藻類等に含まれるカルシウム。

そして卵、魚類、肉類、大豆等に含まれるたんぱく質です。

 

加えて身体機能を整えるビタミンCを野菜やフルーツで。

粘膜や皮膚を守るカロチンを緑黄色野菜で摂ることも大切です。

 

緑黄色野菜にも、カルシウムが含まれているものがあります。

それがほうれん草、モロヘイヤ、小松菜ですね。

 

さらに、身体活動の源となる炭水化物や脂肪分もしっかり摂っておく事が大切。

 

炭水化物は米や麺類等の穀類、砂糖、いも類等に多く、脂肪分はバター等の油脂類等で摂取できます。

 

注意すべき点は、炭水化物と脂肪分、たんぱく質とカルシウムとの摂取量のバランスです。

炭水化物と脂肪分の摂取量が多くなってしまうと肥満の原因になるため気をつけましょう。

 

そして、大豆類も意識的に食べましょう。

納豆、豆腐は畑の肉とも呼ばれるくらい、植物性たんぱく質が豊富です。

 

これを肉や魚と一緒に食べることで、血、皮膚、骨が作られます。

食事は全てバランス。

 

何か特定の食べ物だけ食べれば良い、なんてことはあり得ません。

 

食事を摂る時間も注意してください。

 

 

成長ホルモンが多く分泌されるのは睡眠中です。

特に夜の10時~深夜2時がゴールデンタイムと言われています。

 

例えば眠る直前になって食事をすると、脳が体内に栄養素を取り込むために働かなければならず、成長ホルモンの分泌まで手が回らなくなります。

 

そうなると、身長が伸びる為の成長ホルモンの分泌が足りず、思うように背が伸びません。

 

なので、食事は子供が眠る2時間前までには済ませておくのが理想。

これを親が徹底すると、まず食事面での身長の伸びの不安は無くなります。