子供の身長を伸ばすには、13歳~17歳。

この時期が一番良く伸びます。

もちろん、子供によって個人差がありますが、この時期にどう過ごすかで、子供の身長は決まると言って良いです。

 

子供の身長を伸ばす為に必要な事4選

 

身長を伸ばすには、成長ホルモンの分泌そしてバランスの摂れた栄養が必要です。

まず成長ホルモンから考えてみましょう。

 

当然ですが、成長ホルモンが一番分泌されるが13歳~17歳前後です。

この時期に、しっかり成長ホルモンを分泌させないといけません。

 

その為には何をしないといけないか!?

 

●成長ホルモンをたくさん分泌させる方法

質の良い睡眠をたくさん取る。

適度な運動をする。

心理的に前向きであること。

バランスの摂れた食事をとる。

 

まずこの4つが大切。

 

質の良い睡眠を子がとる為にすべき事。

 

 

規則正しい生活リズムが何よりも大切です。

朝起きる時間、日中の活動時間、帰宅時間、夕食、入浴、睡眠。

 

このリズムを大切にするべきです。

子供1人でこのリズムを作るのは難しいので、親がしっかりサポートをしてあげること。

 

特に睡眠時間は、小学生なら遅くとも夜9時には寝るように。

中高生なら、遅くとも11時には睡眠が取れるようにしたいところです。

 

なぜなら成長ホルモンが一番分泌されるのが、夜22時~深夜2時頃と言われています。

 

もちろん、それ以外の時簡帯でも成長ホルモンは分泌されていますが、この時簡帯がピークですので、ココを逃がさないようにしましょう。

 

適度な運動は身長を伸ばすのに不可欠。

 

 

運動をすることで、直接身長が伸びることには繋がりません。

ですが、運動をするこでストレス解消になる、汗を掻いて気持ちが前向きになる。

 

程よい疲労感で、夜ぐっすり眠れる。

こういった効果があります。

 

これは間接的ですが、子供の身長を伸ばすのに貢献してくれます。

ですので、無理のない範囲で子供は運動をするべきです。

 

家庭環境を良好にする、子供の日常生活の変化を見逃さない。

 

 

子供は親が思っている以上に、色々なことに敏感ですし、気付いています。

 

ですので、まずは子供が穏やかに過ごせるように家庭環境を良くすることが大切。

子どもにとって両親の不仲ほど、心が荒むことはありません。

 

なので親がまず仲良くすることが大切。

笑顔が多い家庭は、子供が健やかにおおらかに成長出来る理由の一つです。

 

そして子供を良く見ておく事も大切です。

よく見るとは、子供の変化を見逃さないという事です。

 

何かトラブルを抱えている、悩みを抱えている。

そういった変化を見逃さず、子供を見守ることも大切です。

 

心理的にプレッシャーが掛かっていると、脳の働きが鈍ります。

そうなると成長ホルモンが分泌され難くなるので注意が必要。

 

子供にいつも笑顔がある状態を作れるように親が手助けする必要はありますよ。

 

バランスの摂れた食事が、すべての源。

 

食事から栄養を摂ることは、ココで説明する必要が無いほど大切です。

 

栄養が摂れていない子供は、成長ホルモンどころか、通常の発育でさえままなりません。

毎日3食食べること。

 

できるだけ間食は控えること。

糖分の摂り過ぎは、成長ホルモンの分泌が悪くなります。

例えばお菓子、炭酸飲料は糖分が多いので、取り過ぎに注意!

 

実際、糖分の摂り過ぎを控えた子供と、そうではない子供の身長差は、なんと7cm!というデーターもあります。

それだけ、糖分の摂り過ぎは禁物。

 

ですが、食事で栄養補給をするほど難しいことはありません。

なぜなら、すべての家庭でいつも栄養バランスを考えて、食事を作れる時間があるとは限らないからです。

 

そうなると、子供の身長がどうしても伸び悩む時期がきます。

そうならない為にも、アレルギー27品目を配合していない、安全性の高いサプリを試してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事:アルギニン配合、アレルギー27品目を配合していなサプリメント。

 

成長ホルモンの分泌を促すアルギニン配合。

カルシウム、亜鉛、ビタミンD、など豊富な栄養素も配合。

 

子供の身長が手遅れになる前にぜひ考えてみてはいかがでしょうか。