身長を伸ばす為には質の良い睡眠をしっかりとることが大切。

 

特に学童期(6~12歳)、青年期(13歳~18歳)までの間に、しっかり睡眠をとる子は、身長がグイグイ伸びていく可能性がとても高いのです!

子供の睡眠時間はどれ位がベストなの!?

 

 

まずはベストな睡眠時間をみてみましょう。

 

6歳~12歳:10時間~12時間

13歳~18歳:8時間~9時間

 

これくらいの睡眠をしっかり取ることが理想と言われています。

ですので、まず子供の年齢から、どれ位の時間、睡眠が必要か考えてみてください。

 

睡眠時間が短いとなぜ身長が伸び難いのか!?

 

 

女の子の場合を例に出して考えてみます。

睡眠時間が短くなると、体は子供から大人へと体を変化させようとします。

 

女の子の場合だと、初潮(生理)が一番分かり易いサインです。

性ホルモンが盛んになると、女性らしい丸みを帯びた体へとドンドン成長させます。

 

しかし、早く大人になり始めた体は、当然早くその成長が完了してしまいます。

 

そうなると、身長の伸び具合から考えた時、早くに成長がストップした体は、思うほど身長が伸びていないケースが多いのです。

 

逆を言えば、性ホルモンの分泌が遅けば、その間に身長をドンドン伸ばす事ができると言う事です。

これは男の子にも同じ事が言えます。

 

男の場合は、声変わりの象徴、喉仏が目立ってくる、もしくは陰毛が生えてくるなど、です。

こういった事も、性ホルモンの分泌が盛んになってきている証拠。

 

その開始時期を遅らせることで、より高い身長を手に入れることができるのです。

 

その為に、睡眠をしっかり取る、ということが大切なのです。

 

子供がしっかり良い睡眠を取る為の方法。

 

第1:運動はしっかりさせること。

程よく疲れた体は、心地よい睡眠を誘います。

 

ストレスも解消された脳は、成長ホルモンをたくさん分泌してくれるので、運動することはとてもメリットがあります。

しかし、激しすぎる運動は、体へのストレスが大きく、睡眠の妨げになります。

 

これは注意が必要ですので、親がしっかり子供をみておく必要があります。

 


 

第2:寝る前のスマホは厳禁。

早い子になると小学生からスマホを持っている子供もいますが、良質な睡眠を得る為にも、寝る前にスマホを取り上げおく必要があります。

 

なぜなら親の目を盗んで、布団の中でLINEやスマホゲームに熱中する子供の多いこと・・・。

それが子供にとって、どんなデメリットがあるか知っていますか!?

 

スマホから出る光は、脳を覚醒させと言われています。

目が覚めた状態では、当たり前ですが眠りにつくことは出来ません。

 

仮に眠りにつく事ができても、眠りが浅い、睡眠時間が短い。

そんな事が普通に起こります。

 

そうすると前述通り、成長が早くに始まり、早くに終わっていきます。

そして、身長が思うように伸びず、大人になった時にコンプレックス感じること人は本当に多い。

 

なので、寝る前に子供に渡しているスマホを取り上げてください。

嫌がる子供も多いと思いますが、全て子供の為です。

 

よく自分の子供と話をして決めてくださいね。

 


 

第3:親が子供の生活リズムを作る。

子供の自主性に任せることは、良い面と悪い面があります。

 

子供に任せることで、子供は大人扱いされた事でより自立した人間へと成長する可能性もあります。

一方で、堕落してしまう子供がいるのも事実。

 

ですので、ある程度は子供の生活リズムを親が作ることは大切です。

睡眠をたくさん取らせる為に、いつまでに子供を寝かせるか!?

 

その為に、入浴の時間、晩御飯の時間、などなど睡眠までのリズムを作ってあげましょう。